週刊東洋経済を読んで

周知のとおり、米国経済は住宅バブルの崩壊に始まる金融危機が実体経済に波及し、スタグフレーションに陥る危険性が強まっている。

今後、インフレ下の不景気で企業業績が悪化、倒産が増加、失業者が急増するおそれが高い。

なぜこうなったのか?アメリカでは、家を担保にしてお金を借りるのが一般的なんです。住宅バブルの頃は、家の値段が上がっていくので、担保としての価値を認められてお金を借りることができます。この借りたお金は、生活費やレジャー費など、各々の目的で使うらしいです。これが普通のことなんです。

あとひとつ。アメリカはクレジット社会です。先に述べた住宅ローンで借りたお金での消費と、クレジットカードでの消費は、アメリカの経済を支えています。これが、今回の問題で住宅ローンを返せない人が続出します。当然、今までのような消費ができなくなる人が多いので、経済的に悪いことなんです。

ここで損をするのはだれか?金を貸していた銀行か?ところが銀行はまったく損をしません。このローンを集めて投資商品として販売しているからです。損をするのはれに投資をした人たちです。このローンを集めたというところがポイントです。多くの事案が絡んでいるので、どのくらい損をしているのかが、市場では把握しづらいのです。この不明瞭な点が、さらに不安を煽り、景気に打撃を与えています。実はそんなに深刻ではなく、市場が大げさに反応しているという学者もいます。

くすぶったままに見える新興ではあるが、個人的には引き続き買い場だと思っている。

証券、金融、不動産といった内需関連セクター中心に責めるとか大戦略を 僕が扱う 損保ジャパン もインターネットで加入する方が絶対安い。消費者金融を利用するのもありだと思う。

今回はクッションと同じ生地で 通帳入れを作りました 銀行や郵便局もいいですが、だからライフスタイルの多様化と時代の変化を踏まえ、マルチハビテーション(二地域居住)の実現; 潤沢な個人 金融資産を活用した住宅投資の促進; 住宅の資産価値に着目した新たな住宅 金融 ; 「分譲マンション市場が調整局面に入り、都心の地価上昇にも一服感が出たところです。まあ、あまりにも上昇しすぎると、バブルの二の舞になりますから、いい頃合ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です